2014年10月25日土曜日

パテ ⑩ フェンダー取り付けステーの納め方



当初、オイルタンクもフェンダーもフレームに引っ付けて成形しようと

考えてたんやけど・・



白と言う色で塗る場合、、

何でも引っ付けてしまうとまるで白い壁のようになってしまう。


そうすると改造感アリアリのショーバイクみたいになってしまう。

℃素人が喜んでしまうしなぁ。。


ショーの評価とストリートでの評価は残念ながら対極にある。

改造してない控えめな感じでちょうど良い。


人間はすぐ欲が出るからなぁ。。

止めは重要。






そうなるとフェンダーステーが顔を出す。



鉄で作ってる間どう処理するか考えていた。

すぐに答えは見つかったけど。





こんな感じで・・





埋めて存在を消す。





下も付けないと横から見た時に不細工だと後で聞いた。





すでにやってくれている。


バイク造りは携わる個々の人間が同じ価値観

同じ理論を共有していないと出来ないものだ。


5年という時間があっての事だと思う。

何も無駄な時間は過ごしていない。


ほぼ会話の9割以上がそういう話を重ね現在に至る。






この部分の仕上がりが楽しみ。。。





2014 VM in 長野 #6



朝早く場内をウロウロ。

ちょい長い。







艶やかなビニールシート





後ろはナックル。





マグも付いてる。





後ろのカブにはこんなステカ。





よく水道屋さんが使う小型のユンボ。





あ。





パン。





最後期エレクトラグライド。
この年式から初めてセルが付いた。





カムカバーもアーリーに似てるなぁ。





いい感じやなぁ。








雰囲気あるなぁ。。。





これって真鍮製とアルミ製があるんやね。








2014 VM in 長野 #5 昼クライマー



おデブクルーがはるばるやって来た!
これは黒兵衞





この急坂をヒルクライムしてる。

ロングフォークで・・。





アホやなぁ。。。





何んかのギャグか?





しかしよく登ったなぁ。。。






非常に自慢げダ!





赤間さんの持ってきたステンシル機械。





喜びながら打たせて頂きました!






播州一献

地元のお酒を持ってきた。


播州は非常に気が荒い地域で有名。




神戸も 「ダボ」というが・・





使い方は・・


「ダボかワレ死ね、、」  ・とか。



...大阪は言わんしなぁ・・

あれは播州弁が混ざってるんやないかなぁ。











赤間さんの食料庫からまた頂く。。。






ロングでもヒルクライム出来るんやなぁ。






そもそも・何でこんなハミゴなんでしょ。





急坂を噛み締めて歩く・・か。





石もヒドイんですけど。





我ながらよく登ったなぁ。





やはりトラクションが効くからかなぁ。。。



・とは言ってなかった。




なぜか文句言われる大神戸。。





まるでジャイアン、、。。
これからはそう呼ぼう。。。





すべてはデブゴンのせいや!!!





めでたし めでたし