2021年12月30日木曜日

横浜ホットロッドショー 2021年 ベストモーターサイクル と 39ナロー鉄アウター



あの39ナロー鉄アウターなんやけど‥




今年の横浜でSURE SHOTさんのバイクに装着されてた。
今年は横浜に行けんかったんで無理にお願いして画像を送って頂きました。




あ。
よく見ないと分からなかった。

でもよくよく見るとこの部品の強みが最大限生かされている。
後で説明するね




ノー加工の鉄アウターは黒塗りになって‥これはRブレーキ板かな?








歪むのを避ける為に溶接無しでキャリパーサポートが出来てる。




キャリパーと色も同じっぽい。セルコートらしい。
アクスルからサポート取ってアウターにトルクロッドをクランプしてる。

素材はA2017




ホイールもワンオフですね




Rサスがこんなトコに




BTなのか。








ステップもすごいね




鉄仮面ならぬアルミA6063で出来てるそうやわ。






凄いな!




まとまりがある




まさしくあの41や39のトップブリッジ!
手作り感のあるRと削り出しとの組み合わせなのに違和感が無いなぁ。




三又もちらりと見える。




サスの動きを夢中で見てしまいそうな位置にあるなぁ。
おかま注意ダ!




ロング鉄アウターが効いてる。
オイルシールの膨らみが無い分、カバーも細く出来るんやね。

インナーチューブはXL1200Nのを3インチカットして旋盤でねじ切りして使ってるんやて




この幅のナローグライドでは通常ドラムブレーキしか装着出来ないが
ビレットスポーク部分を右側にオフセットしてホイールセンターを出しつつ
キャリパーとスポークの干渉をクリヤしてるんだそうやわ。

こういう苦労はやったモンやないと分からん話やで。
そういう積み重ねで出来てる事を肝に命じて最後の文面を読んで欲しいんやけどな。




レーシーやなぁ。




この後ろ回りも圧巻やねー




凄いな!




美しい
















油圧システムの収まりもいいね!

自分ももしミニディスクとか付けるのなら鉄管使うか
途中までワイヤーで引く

マスターはキャリパー上にアウターに沿わしてセットするかな。






信号待ちでもイジリやすい位置にあるね




生き物みたい




カスタムというよりコンプリート車両みたい
この完成度の高さならベストモーターサイクルというのも納得ですね。

しかしこの創り込み、
命削ってるな。

ビルダーは本当に大変やわ。。
ビンテージ寄せ集めでアワード取ってる連中とは別世界の生き物やなぁ。
同じ会場で並べてるのも正直失礼な話やと思うわ。

あ。
また嫌われる!

ペコリ




当初、設計者の意向とは違う使い方をしたと気に病んでおられたけど...。
確かに想像外やった!

 


車体姿勢というか佇まいもいい、、

当初はスプリンガーも候補やったそうやけど
グライドフォークの方が主張せず合ってると感じている、、

想像を超える使い方で度肝を抜いてくれて逆に感謝してる
ホンマ天晴れやなぁ。。。

フォーク作った黒田屋も喜んでたよ


二年連続ベストモーターサイクルおめでとうございます!



2021年12月18日土曜日

2021年 横浜には行かなかったです。



今年の横浜は辞退しました。

コロ助のせいで楽しめそうになかったんで。
マスクの無い世の中になるまでイベントには行かない事にしました。




39ナローなんですが・・




横浜ホットロッドショー出展車両から依頼がありまして・・
ガボちゃんに写真を撮って送ってもらいました。




シュアショットさんの車両に




カバーが付いている。




黒く塗られた鉄アウター




ディスク装着です。




Rディスクかな。




ホイールも削り出しですね




二年連続のベストモーターサイクルだそうです。
おめでとうございます!

もっと見たかったのでシュアショットさんにお願いして画像を沢山頂きました!

また後日。。。





ガボちゃんも写真ありがと



ところで悪魔はFBもインスタも削除されたみたいやね。

やっぱりなっちゃんがアカンのやろかなぁ?


昔の日本は歌まで作って称えてましたねー


萬才 ヒットラー・ユーゲント


 







やっぱりなっちゃんには注意が必要やナ。。。
疲れ果てる前に・・



燦たり、輝く
ハーケン クロイツ
ようこそ遥々、西なる盟友、
いざ今見えん、朝日に迎へて、
我等ぞ東亜の青年日本。
  万歳、ヒットラー・ユーゲント
  万歳、ナチス。







2021年11月15日月曜日

39mmナロー&ナロー鉄アウター事変 ⑪ 装着!




仙台の方の所へ

以前は41ナローの10インチオーバー
今回は39ナロー11インチ強オーバー




長いなぁ。。。




この部分だけ見たら33にしか見えん




まぁそうする為にしんどい事しとるんやけどな、、




純正は分厚いから・・やはりカラーで正解やね。




カチ上げで÷いなー




メッキって綺麗やなぁ。

以前はパーカ多用のヤレた車両やったそうやけど、
このフォークに合わせて綺麗にしたんやて♪




スタビはめっちゃ効くんやて。
33の10オーバーなんかグニャグニャやもんなぁ。。




いいなぁ。」」




メッキの外装も映えるなー




33初期の様なオイルシール無しの鉄アウターみたいでシンプルやなぁ。




200キロほど走られたそうやわ。
41に比べて路面追従性が格段に良くなったんやて。

さすが新型!




あ。




現在考えうる可動部用の最高のオイルシールでもアカンか。
まぁ33後期のシールでも止まらんからなぁ。。







資料を頂いた。
300ccにしたみたい。

ココにも年式別のがある。





嗚呼、、感無量!
うまい酒が飲めるなぁ。。。

黒田屋ご苦労サン!

近かったら見に行きたいんやけどな。。




もう予約が沢山来てる、、
すごいなー値段決める前やというのに。

鳥さんのレプリカの半額以下やけど...。
まぁそんなもんでしょ。

お値段以上ニトリやなー




永遠ってホンマ無いなー

...いつまでもあえると思うな親とカネ






さよなら さよなら さよなら